中古車を安く買うためのポイント

予算が少ない人におすすめ

ポイントを踏まえて探しに行こう

まずは中古車を扱っているお店がどこにあるのか、確認してください。 いろんなお店を比較しないと、安い中古車は見つかりません。 たくさんのお店を見れば、それだけ安く購入できます。 少し遠くのお店にも、足を伸ばしましょう。 事前に希望の車を決めると、スムーズに探せます。

おすすめリンク

バイク買取できない場合 どんなバイクでも買い取ってくれるわけではありません。バイク買取できない場合はどんな状態でしょうか?

比較することがポイント

1つのお店だけを見て、中古車を選択するのはおすすめできません。
複数のお店を見て比較することで、最も安い中古車が見つかります。
1つのお店しか見ない段階では、希望の車を探せない可能性があります。
すると、そのお店で扱っている中古車に妥協しなければいけません。
しかし妥協した車では、きっと後から後悔します。
いろんなお店を見て回れば、希望の車を見つけることができます。
どんな車が良いか、前もって車種やカラーを具体的に決めておくと良いですね。

お店だけでなく、ネットも使って探しましょう。
ネットでは、中古車の個人売買ができます。
車を売っている人を見つけたら、交渉すると安くなるかもしれません。
少し値下げできないか、丁寧に頼んでみましょう。
命令口調になると、相手は不愉快な気持ちになります。
絶対に値下げなんてしてくれません。
丁寧に頼むことが、値下げを叶えるコツです。

どんな車を選択するかによって、安く購入できる確率が変わります。
古い形の車を選ぶと、他の車より安い価格で買えるでしょう。
細菌新型が出たばかりの車が狙い目と言われます。
また、意外なことに車のカラーも金額に関わっています。
黒や白などのモノトーンカラーは、金額が高めに設定されていることが多いです。
安く購入するなら、モノトーンカラー以外を選択しましょう。
赤や青なら、安い価格で販売されていると思います。
よく価格を見比べて、予算内に収まる中古車を見つけてください。

個人売買をしてみよう

たくさんのお店を巡っても、目的の車が見つからないことがあります。 その場合は、ネットで探してください。 ネットでは個人売買ができます。 相手に交渉すれば、表示されている価格よりも安くなるかもしれません。 交渉する際は、丁寧にお願いすることを忘れないでください。

車の型やカラーが関係する

安い価格で買うことを第一に考えているなら、古い型を探すのがおすすめです。 新型よりも安く購入できます。 また安くなりやすいカラーもあるので、事前に調べてください。 高くなりやすいので避けるべきカラーは、モノトーンです。 他の色を選択した方が良いですね。